FC2ブログ

木崎伸也ブログ

動楽作家(スポーツライター)、木崎伸也のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

回答2

>>>2010/07/04(日) kさん
なぜゆえ日本のジャーナリストはここまで厳しいのでしょうか?一つに日本のジャーナリストの多くはサッカー大国からモノを学びに行るから、知らぬ間に強者の視点から物事を書いているような気がします。たしかに大国が小国に苦戦したとき、内容が良くなかったとき酷評、皮肉の表現を使います。
ただ日本はいつからサッカー大国になったのでしょうか?通算成績1分5敗なのに?ただカメルーンと日本はそういう関係でしょうか?
>>>

新書、「世界は日本サッカーをどう報じたか」にかなりのページを割いて書いたのですが、日本対カメルーン戦に厳しい意見を投げかけたのは、日本のジャーナリストだけではありません。

そこに書いてあることを、ひとつ紹介したいと思います。
カメルーン戦後、メディアセンターの横に、たまたまオーストラリア人の記者がいました。さらに偶然にも、彼の奥さんは日本人で、彼自身かなりのJリーグ通でした。

その記者は、憤慨していました。

「日本には良い選手がたくさんいる。もっとできるはずです。なぜ、こんな臆病なサッカーをするんでしょうか。日本人はこんなサッカーで満足なんでしょうか?」

日本サッカーの力を知っていれば、なぜあんな状態でW杯に臨むことになってしまったのか、疑問を投げかけずにはいられないということです。
  1. 2010/07/23(金) 04:28:10|
  2. 2010年W杯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinyakizaki.blog74.fc2.com/tb.php/471-014dbed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。